高難度2D横スクロールアクションゲーム Lawyer Guy: Defender of Justice レビュー 操作方法

game
画像引用元:Rob Welch

 

Lawyer Guy: Defender of Justiceレビューです。

 

アイキャッチ画像は販売サイトより引用しています。開発元:Rob Welchパブリッシャー:Rob Welch

より引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

 

どんなゲーム?

このゲームは高難度2D横スクロールアクションゲームです。ロックマン風味の早い展開の2D横スクロールアクションゲーム、難しいステージを敵を避けながら進んで行きます。主人公は射撃で攻撃と、ジャンプで障害物を避けることができる。 何回もやられて練習してステージをクリアーしていきます。死にゲーです。

高品質なグラフィックと、昔ながらの難しさがあるゲームだ。

操作はシンプルで移動して、ジャンプとショットだけだ。

 

ゲームを起動するとタイトル画面になりPlayを選ぶとゲームが始まる。Helpでゲームの説明を見れる。Settingsでコントローラー設定の変更、ゲーム設定、音量調節などできる。Save changeで設定を変更してタイトル画面に戻る。

Creditsで開発者の名前を見ることができる。

Exitでゲーム終了。

操作方法教えて。

キーボードの操作方法は矢印キーで移動。

Zキーでジャンプ。Xキーでショット。

Vキーでチェックポイントを作成できる(左上のゴールの旗のマークの数だけチェックポイントを作成できる。チェックポイントを作成していれば、ミスしてもチェックポイントから再開できる)

Escキー長押しでタイトルメニューに戻る。

 

コントローラーでも操作できる?

コントローラーの操作方法は(自分はMicrosoft XBOX360のコントローラーです)

左スティックと十字キーで移動。

Aボタンでジャンプ。Xボタンで射撃。

Yボタンでチェックポイントを作成できる。(左上のゴールの旗のマークの数だけチェックポイントを作成できる。チェックポイントを作成していれば、ミスしてもチェックポイントから再開できる)

 

感想教えて。

ゲームをプレイした感想は、高難度でやりごたえがあるゲームだと思った。

死にゲーで何回も死んで練習して上達していく面白さもあった。ルールや操作性もシンプルで、障害物を乗り越えて目的地にたどり着くことで、昔ながらの横スクロールアクションゲームという感じだった。興味がある人はやってみてはいかがでしょうか。

 





game
dorudoruをフォローする



dorublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました