謎解き探索ゲーム So long as there is Mercy ゲーム紹介

game
画像引用元:
MediaCube Games

So long as there is Mercy ゲーム紹介。

 

So long as there is Mercy ゲーム紹介

 

So long as there is Mercyはポイント&クリックパズルアドベンチャーで、画面をクリックして、アイテムを使用して部屋の様々な場所をクリックして、パズルのような謎を解いていくゲーム。

少しダークな雰囲気だけど怖い感じでもない謎解きポイント&クリック系のゲーム。

 

ストーリー

⭐ゲームの主人公であるリードスペは、弟を見つけるために不気味なドールハウスを通り抜けました。⭐

 

⭐途中で、スペは閉じ込められている幽霊の子供たちに遭遇し、家から逃れるためにパズルを解くために彼らのさまざまな能力を使うことができます。⭐

 

⭐ポイントアンドクリックパズルアドベンチャーで、プレイヤーは弟を見つけるために不気味なドールハウスを通り抜けて、ゲームの主人公であるSpeを導く必要があります。⭐

 

ゲームを起動するとタイトルメニュー画面になりSTARTでゲームが始まります。最初は暗い部屋から始まるので、近くのNPCと話してから明かりを点けていきます。また、部屋には蜘蛛の巣などもあるので取っていきます。鍵の上にもクモの巣があるので蜘蛛の巣を取っていくと鍵が入手できます。

 

タイトルメニュー画面のSettingsでグラフィック設定、音量調節が可能。

 

操作方法

 

操作方法は

マウス左クリック 使用。

マウス右クリック 検査。

マウスホイール押し or Spaceキー 怪しいところが光る。

 

So long as there is Mercyプレイした感想

 

So long as there is Mercyプレイした感想は、ポイント&クリック系のゲームなのだが少しダークな雰囲気もあるが怖いといった感じでもなくカートゥーンの世界のようなグラフィックも良くできていて、ストーリーは哲学的な雰囲気もあり、パズルのような謎解きを解いた時の達成感が味わえるゲームだと思った。

謎解きをした時の達成感はかなりあるよ。

 

無料のゲームとしてはグラフィックも良くて、ポイント&クリック系のゲーム好きな人には全体的にクォリティーが高くとてもオススメできるゲームだ。

少し暗い雰囲気だけど、グラフィックはとても良いよ!

 

ただ、少しヒントが分かりづらいところがあり、光でヒントが出るのだが、光が暗く分かりづらい部分もあり最初プレイした人は難しいと感じると思う部分もあった。わかってしまえば簡単なのだがなかなかわかりづらく戸惑うところもあった。もっとアップデートとかで改善すればもっと遊びやすく面白くなると思う。

 

興味がある人はやってみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像、記事内の画像は販売サイトより引用しています。開発元:Dominik KerschbaumerVictoria WernerJonas WalzLukas BergerMatthäus LuefLisa SchertlerAstrid SchwarzAliya AbdullayevaSophie Hennerbichlerパブリッシャー:MediaCube Gamesより引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました