ゲームボーイカラー風味のゲーム コトマショ KOTOMASHO: I Can’t Believe This NEET Guy Turned Into a Magical Girl! ゲーム紹介

game
画像引用元:
WalGallen

ゲームボーイカラー風味のゲーム KOTOMASHO: I Can’t Believe This NEET Guy Turned Into a Magical Girl!のDEMO版をプレイさせていただきましたのでゲーム紹介(リリース日 未定 DEMO版なので製品版とは多少異なる場合もあります)

https://twitter.com/WalGallen/media

KOTOMASHO ツイッター

 

⭐KOTOMASHO ゲーム紹介⭐

コトマショは、アニメとゲームボーイカラーのゼルダのゲームリンクの目覚めと時代/季節のオラクルに触発されたRPG要素を備えたドット絵2Dアドベンチャーゲームであり、ゼルダの伝説IIに似たRPGレベリングシステムを追加しています。

 

ゲームボーイカラーに触発されたゲームで、システムとしてはゼルダの伝説の雰囲気の自動生成ダンジョンを進んでいく感じのゲームのようだ。

ゲームボーイカラー風味のゼルダの伝説に影響を受けたアクションゲーム!

 

  • ゲームボーイカラーと魔法少女アニメにインスパイアされたRPG要素のアドベンチャーゲーム。
  • 物語は、21歳のニート(Not in Education、Employment、Trainingの頭字語)の日本人男性で、卒業後に就職するのが怖くて、一日中バーチャルリアリティで遊んでいなければならなかった源氏のストーリー。

  • ある日、源氏は妹からクリスタルメダルのような幸運のお守りを受け取り、VRの世界にログインしている間、魔法少女に変身した夢の世界に運ばれます!
  • 魔法少女に変身!?!?

  • コトマショは、アニメとゲームボーイカラーのゼルダのゲームリンクの目覚めと時代/季節のオラクルに触発されたRPG要素を備えたアドベンチャーゲームで、ゼルダの伝説IIに似たRPGレベリングシステムを追加しています。
  • 自動生成ダンジョンを探索して邪悪な悪夢を打ち負かしてください!

 

⭐操作⭐

操作はキーボードでもゲームパッド(Microsoft Xboxのゲームパッド)でもできました。

 

⭐KOTOMASHO: I Can’t Believe This NEET Guy Turned Into a Magical Girl!プレイした感想⭐

KOTOMASHO: I Can’t Believe This NEET Guy Turned Into a Magical Girl!プレイした感想はまだDEMO版ということで作成されていない部分があるが、レトロなゲームボーイカラーの雰囲気のシステム、土台の部分を味わえ、レトロなゲームボーイファンに向けたゲームだと思った。

 

ゲームシステム的なところはゼルダの伝説に触発され土台になっているところがあり、そこから自動生成ダンジョンを+で付け加えた感じの内容になっている。

 

ゲームの所持品、ステータスなどのフォントもドット絵2Dゲームボーイカラーのような仕上がりになっていて、物語も21歳の日本人男性が魔法少女になり冒険していくといったユニークな物語になっていて笑える要素もあり面白い発想のゲームだ。

 

グラフィックの2Dドット絵の部分の動きはよく作り込まれていると思った。

ドット絵の部分はゲームボーイ再現度高いね。

 

まだDEMO版だが製品版が発売したら購入してみようと思う。興味がある人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像、記事内の画像は販売サイトより引用しています。開発元:WalGallenパブリッシャー:WalGallenより引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました