ポーション作りゲーム Potion Craft: Alchemist Simulator レビュー

game
画像引用元:niceplay games

Potion Craft: Alchemist Simulatorレビューです。

Potion Craft: Alchemist Simulatorゲーム紹介

錬金術でポーション作りのシミュレーション。道具や材料を使用してポーションを作って店を操作していく。

新しいレシピを発明してお客を満足させ実験を成功させる。

中世の医学書や本に影響を受けたユニークなビジュアルで操作はマウス操作で直感的に操作していける。

葉、花、果実、根、果物、水、キノコ等の材料を鉢ですって釜に入れて調合できる。

材料は購入するか自分で作れるようだ。お客の問題にあったポーションを作って売れる。ポーションのボトルの外見は自分で決められる。

タスク、ミッションのような物もあるのでこなしていくと、ポイントみたいなものを獲得でき、そのポイントで能力アップできるようだ。

ゲームを起動するとタイトルメニュー画面になり、New Gameでゲームを始められる。

Settingsでゲーム設定、グラフィック設定、音量設定など変更、確認できる。

ゲームを始めると真ん中に釜があり、右側の植物を入れられる。植物を入れ釜をかき混ぜると、後ろの製作図が進み製作図の本のアイコンを取っていくとポイントが獲得できるようだ。製作図の壺のアイコンの所に進めるとレベルアップする?ようだ。

画面右上の!マークのミッションのような物をクリアしていけばよいようだ。

骨のアイコンのところに進めると実験失敗してしまう。

植物はすり鉢ですりつぶすと、少し余計に進めるようになる。

マップ切り替え方法

画面橋の矢印マークをクリックすると、他のマップに切り替わる。→の矢印をクリックすると外に行けて植物を入手できる。

 

マウスで操作できる

操作方法はマウスで画面上をクリックでできる。

Escキーでポーズ。

WASDキーと、矢印キーでもマップ移動できる。

 

Potion Craft: Alchemist Simulatorプレイした感想

Potion Craft: Alchemist Simulatorプレイした感想はシミュレーター系のゲームとしては、ポーション作りという珍しいジャンルのゲームでおもしろい発想だと思った。

 

グラフィックや音楽は独特な中世の医学書や本に影響を受けたデザインで統一されていて、世界観が作りこまれていると思った。

 

また、ミッション、タスクみたいなものをアンロックさせていく楽しみや、マップを移動させると、お客や、新たな機械のような物もあり、遊び心をくすぐるような、シミュレーションとしてはクォリティが高いゲームだと思った。

興味がある人はやってみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像は販売サイトより引用しています。開発元:niceplay gamesパブリッシャー:niceplay gamesより引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。





game
dorudoruをフォローする



dorublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました