うまいラーメンショップ!!!ラーメンがうめえ!!!トッピングににんにくドサッ!豆板醤ドサッ!ramen

ラーメン

ラーメン(中盛り)食べました!!!

ラーメンショップのラーメン中盛りです。

このラーメンショップはネギミソラーメンが有名だそうです。

みんな違ってみんないい!同じ「ラーメンショップ」でも味が違うワケ - macaroni
家系ラーメン誕生のルーツとも言われている「ラーメンショップ」。埼玉や東京などお店ごとにメニューや味が異なり、個性があるのが特徴なんですよ!今回は、そんな「ラーメンショップ」について徹底追及していきます。

おいしそう!豚骨醤油ラーメンです!

にんにくと豆板醤をドサッと入れました!!!

スープ 9   (スープが個人的にすごく好みのスープです。豚骨醤油スープです。)

麺 7

コストパフォーマンス 7    (点数は個人的な主観です)

にんにく。このにんにくが頭骨醤油にすごく合います!!!

豆板醤 この豆板醤がスープの味を引き立てます!この豆板醤を入れるとさらに食欲をそそる味になります!!!

横からお椀を撮りました!いつもはお椀が低いお椀なのですが、この時は菊家と書かれているお椀でした。

いつもはこういうお椀です。

白髪ねぎです!!これがシャキシャキしてうまい!スープと麺と一緒に食べるとサイコー!!!

スープをアップで撮ります。豚骨醤油の脂がスープに混ざっておいしそうです!

さらにチャーシューをズーム!!!チャーシューもおいしそう~!

食べていきます。

少しにんにくと豆板醤を混ぜて食べます!麺は若干細麺で豚骨醤油のスープに合っていておいしい~!

この豆板醤が辛いですが、やみつきになる味です!とにかくスープに合う!

キムチも無料なので小さい皿に取って食べていきます!(店舗によって違うそうです)

辛いけどおいしい~!このキムチはゴマとゴマ油?と塩が効いているようなキムチでした。白菜のシャキシャキの触感がまたおいしいです!結構塩が多めに入っててしょっぱい感じでした。

チャーシューも食べていきます。チャーシューがスープに溶け込んでおいしそう~!チャーシューは柔らかくて口の中でとろけるようなそんなチャーシューでした!

メンマとワカメと海苔も入っています。メンマとワカメも麺とスープに合っていてとても美味しかったです。

ズームで撮っていきます。

さらにズーム!!!

メンマをズーム!!!

ワカメ!!!

さらににんにくと、雑誌も読んでいきます(笑)

豆板醤を入れて食べていきます。

胡椒も少し入れていきます。つまようじもありました。

水はセルフです(笑)別に書かなくてもいいか、、、w

にんにくと豆板醤を多めに入れたらスープが若干赤くなりました(笑)スープもズズズっと飲んでいきます。このスープがまたうまい!!!

この日はお腹がすいていたので、ガンガン飲んでいきます!!!

スープのアップ!

ダーン!

まだまだ!

しつこいほどに写真を載せていきます!!!(笑)このラーメンショップのおいしさを見せたくて載せました(笑)

完食!!!スープも全部飲み干しました!!!

キムチも完食!ご馳走様でした!!!

おしながき、メニューです。自分はラーメン中盛りでしたので800円でした。ライス150円頼むとおかわり自由です。ネギミソラーメンはとても有名らしいです。

中盛りじゃなくて大盛りでも完食できそうなそんなおいしいラーメンでした!中盛り100円大盛り200円です。

営業時間は11時から20時までだそうです。(店舗によって違います)祝日や日曜日の次の日は休みなようです。ここのラーメンショップはかなり田舎のほうの国道沿いにポツンと一軒だけある店なのですが、30年くらい前?からあるそうです。店はとても昭和っぽい懐かしいような外見です(笑)自分はとにかくこのラーメンショップの豚骨醤油味が好きでたまに食べたくなると行っています。とにかくスープがやみつきになります。またワカメとチャーシューと白髪ねぎと海苔の相性も最高です。キムチも無料です(キムチは店舗によって置いてあるところと置いてないところがあるようです。また、混雑時はキムチ品切れの時もあるようです)ここは仕事終わりで作業服で気軽に行っても入れるような雰囲気で雑誌なども置いてあってとても居心地がいいです。ガッツリ食べたい人にはお勧めです!また次回来たいと思います!!!ご購読ありがとうございました!!!

真っ赤な看板が目印の「ラーメンショップ」こそ、昭和から続く不死身のロードサイドチェーンだ - メシ通 | ホットペッパーグルメ
赤地に白抜きで「うまい ラーメンショップ うまい」と記されたこの看板を見たことがあるだろうか? 埼玉や千葉、北関東三県などに行楽に訪れる途中、高速を降りた先の国道沿いやバイパスに突如現れるこの看板を目撃して「なんだあれは」「どっかで見かけた」と思われたことがある方も少なくないだろう。 1970年代から90年代にかけて、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました