ホラーゲーム 頭痛 ゲーム紹介

game
画像引用元:
MONZEN

ホラーゲーム 頭痛プレイしたのでゲーム紹介と操作方法の記載。

頭痛 ゲーム紹介

頭痛【資料館編】

行方不明者を探しに資料館へ…

 

廃墟の資料館に隠された謎を解く一人称視点の探索系国産ホラーゲームです。

国産ホラーゲームでゲームを始めると、行方不明者を探しにスマホニュースを見て廃墟の資料館へ探しに行くところから始まります。

 

まずは道なりの建物に資料館があるので、そこの資料館に入っていき、あたりを調べて謎を解いていきます…

 

資料館の建物の中は廃墟で荒廃していて、ライトを付けて廃墟の中を探索していく…探索していると何かの気配がします…

廃墟の中は薄暗くて怖い!

廃墟の中には資料館の歴史の資料など記録が残されている…資料館の中をくまなく調べていくと物語が明らかになっていく…

 

最初ゲームを起動すると、グラフィックの設定を選べて、推奨スペックを満たしていないパソコンでもプレイできるようにグラフィックの低負荷設定を選べます。もしゲームを起動してカクカクするなら低負荷設定で遊べます。

推奨スペックでなくても、グラフィックの低負荷設定を選んで遊べるよ。

 

セーブは自動セーブです。

操作方法

キーボードとマウスの操作方法は

WASDキーで移動。(Shift押しながら移動、マウス右クリックで走る)

マウスで視点操作。

 

マウス左クリック、Eキーで調べる。

マウスホイール押しでライトON、OFF。

 

Iキーで持ち物。

Pキーでポーズ。

頭痛プレイした感想

頭痛プレイした感想は国産無料ホラーゲームで、無料だがグラフィックもよくホラー要素も恐怖を感じさせる作りになっており、廃墟を探検していると何かが出てきて怖さを感じた。

 

鍵やアイテムを拾って、そのアイテムを使用して進んでいくのだが少し調べると置いてありわかりやすくて、適度な謎解き要素もあり面白かった。効果音も恐怖を感じさせる効果音で没入感がある。

無料でホラーゲームが遊べるのは良いね!

 

ストーリーはマルチエンディングで5種類のエンディングが用意されている。

頭痛【資料館編】とのことで、資料館編以外の続編も期待だ。

 

 

開発元のMONZENさんは他にもミステリーホラー系のゲームSINGULARITY WORLDをsteamで販売している。

 

頭痛短編ホラーゲームでプレイ時間は20~60分くらいで終わるので、無料の短編ホラーゲームをお探しの人はやってみてはいかがでしょうか。

 

アイキャッチ画像、記事内の画像は販売サイトより引用しています。開発元:MONZENパブリッシャー:MONZENより引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

 

Steam国産ホラーゲーム『頭痛』11月20日無料配信へ。体調不良に見舞われる資料館と、廃村の秘密 - AUTOMATON
国内の個人開発者もんぜん氏は11月18日、『頭痛』を11月20日に配信開始すると発表した。『頭痛』は、21年前に閉鎖された廃墟資料館を探索する、サイコロジカルホラーゲームである。
不気味な廃墟に赴く個人開発の探索系国産ホラー『頭痛』Steamで11月20日配信予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
『SINGULARITY WORLD』を手がけたもんぜん氏によるマルチエンディング対応の一人称視点探索ホラーゲーム。

コメント

タイトルとURLをコピーしました