The Emperor’s Own: Alpha Teaser レビュー 操作方法

game
画像引用元:Volga Studios

 

The Emperor’s Own: Alpha Teaserレビューです。

 

アイキャッチ画像は販売サイトより引用しています。開発元:Volga Studiosパブリッシャー:Volga Studiosより引用。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

 

どんなゲーム?

このゲームはストーリー重視のRPGです。19世紀の1803年のロシア帝国をもとにした別の世界のフィクションのストーリーのようだ。(まだ開発途中のようでAlpha Teaser版です。2020年11月11日現在)

探索して選択肢を選んで、ストーリーを読み解きながら進んで行きます。

帝国は外国の戦争と内部抗議によって疲弊しており、内部戦争になるような所から始まるようだ。

ファンタジー、魔法、モンスターなども出てこないようで、リアル重視のストーリーとなっているようだ。

 

冒険を進めるうちにそれぞれの考えを持った個性的なキャラクターが登場してきてヒーローも悪役もいない世界観のようで、壮大な政治的陰謀に加えて、友情、家族、ロマンスなども体感できるストーリーになっている。

少しR18の要素もあるようです。

 

タイトル画面

ゲームを起動するとタイトル画面になり、New Gameを選ぶとゲームが始まります。

Difficultyで難易度を選べる、イージー、普通、ハードの三つから難易度を選べるようだ。

Settingsでグラフィック設定の変更、キーボードとマウスの操作方法の確認。音量設定、言語変更などできる。

 

マウスとキーボードの操作方法

マウスの操作方法は、

マウス操作で視点移動。

マウス左クリックで攻撃。

Shiftキー押しながら、マウス左クリックで強攻撃。

右クリックでガード。

WASDキーとSpaceキーで避ける。

銃を撃つがマウスホイールボタンを押す。

Qキーでキック。

 

 

キーボードの操作方法は

WASDキーで移動。

Shiftキーで走る、歩くの切り替え。

Fキーで調べる。

Altキーでミニマップ表示。

Mキーでマップを見る。

Vキーでカメラポジション変更。

Jキーでジャーナル。(メニュー画面)

 

The Emperor’s Ownプレイした感想

ゲームをプレイした感想はグラフィックがすごく綺麗だった。

 

また、フルボイスでストーリーも選択式でストーリーが壮大なストーリーのような感じだった。モンスターや魔法も出てこないリアルな雰囲気のストーリーのようで、witcherの現実版のような感じなのかなと思った。少しR18の要素もあるようだ。

選択肢で主人公の物語が変わっていくところもあった。とにかくストーリー、物語が良く作りこまれているなぁ~と思った。

 

コントローラーでは操作できないようだが、コントローラー操作も対応してほしいと思った。

 

まだテスト版で開発途中のようだが、日本語版も発売して欲しいと思った。(2020年11月11日現在)

 

興味がある人はやってみてはいかがでしょうか。

 





game
dorudoruをフォローする



dorublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました