Pi Networkで電話番号認証ができない時の対処法 先頭に「+」or「010」

マイニング

こんにちは。

 

Pi Network電話番号認証ができない時の対処法を記載。

 

Pi Networkで知り合いを招待したのですが、その知り合いがなかなか電話番号認証できなくて2人で悪戦苦闘してやっと電話番号認証ができたので、ご紹介させていただきます。

 

 

まだPi Network登録していない方はインストールして、紹介者コード:【Dorudoru894】をご使用ください。よろしくお願いします。

もしPiが上場したときに備えて日本円に換金するのに、日本の取引所のbitFlyerや海外取引所のBinanceなどにウォレットを作っておいても良いかもしれませんね。こちらのBinanceのリンクから登録いたしますと手数料の10%還元、キックバックが付きますのでよろしければ使ってくださいよろしくお願いします。

スポンサーリンク

受信者の先頭に「+」or「010」を付けて4桁のコードを送信

結論から言いますとSMSを直接「010」を受信者の番号の先頭に付けて、4桁のコードをSMS送信したら認証しました。(この記事の画像ではアメリカと記載されていますが私はイギリスにSMS送信しました)

 

海外のケータイへ文字メッセージを送る

「+」or「010」「相手先の国番号」「相手先の電話番号」「本文を入力」⇒送信

  1. 相手先の携帯電話番号が0から始まる場合は、最初の0を除いて入力してください(一部の国・地域を除く)。
  2. 「+」の表示方法:「0」を1秒以上長押しする。
  3. 「+」の表示方法は機種によって異なります。詳しくは取扱説明書などをご確認ください。SMS送達通知は、送信先の事業者がアメリカ・中国・韓国・フィリピンなど、一部の事業者である場合、送信先事業者が利用するメッセージセンターにメッセージが届いた時点で送信されます(利用料無料)。

NTT docomo 文字メッセージを送る(国際SMS)より引用。

 

まずは↑プロフィールをタッチ。

 

次に電話番号の認証のところをタッチ。

 

  • 手動での操作方法でSMSを直接入力して送る

次に↑画像赤丸の「手動での操作方法」をタッチします。(上の画像ではアメリカと記載されていますが私はイギリスにSMS送信しました)

 

  • 先頭に「010」を付けてSMSを直接送る

次に↑上の画像なら、画像赤丸の「16508220314」の先頭に「010」を付けて、4桁のコードをSMSで直接送信します。送信先が受信者「16508220314」で、テキストに4桁のコードを入力します。

自分の場合はこのやり方で電話番号認証できました。

 

(上の画像ではアメリカと記載されていますが私はイギリスに先頭に「010」を付けて直接SMS送信しました)

注意

このとき気をつけたいことは、電話番号は認証したい電話番号でSMS送信してください。間違えないように。

参考になれば幸いです。お疲れさまでした。

 

文字メッセージを送る(国際SMS) | NTTドコモ
日本から海外へのSMS(ショートメール)の送り方について。ご利用可能な国・地域と国番号や料金などもお調べいただけます。ドコモなら、いつものスマホ・携帯からかんたんに海外へ電話をかけたりSMSを送ったりすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました