BinanceでセルフGOX送金間違いをしてしまった時の対処法 入金反映されないとき セルフサービスリカバリー

しくじった話し

こんにちは。

 

Polygon(MATIC)をBinanceに送ろうとしたらネットワークを間違えて送金してしまいセルフGOXしてしまいました…。

 

しかしなんとか取り戻しましたので、その時のBinanceでのセルフGOXした時の対処法を記載しました。

なんとか取り戻したよ!

 

この記事はBinanceへ送金した時の対処法です。他の取引所に送金した場合は送金された取引所に問い合わせれば良いと思います。

 

スポンサーリンク

Binanceのセルフサービスリカバリー

セルフサービスリカバリーで反映されていない入金金額の取得方法 | Binance Support
バイナンスアカウントに入金した資金が反映されていない場合は、セルフサービスリカバリーを申請して資金を回収することができます。 申請書を提出する前によくお読みください。そうでない場合、バイナンスはお客様をサポートすることができません。 1. セルフサービスリカバリーの対象となるトランザクションとは? トランザクションはお...

Binance セルフサービスリカバリー

まずは↑こちらのBinanceのセルフサービスリカバリーのサイトを開きます。

 

次に下の方にスクロールして↑画像赤丸のところをクリックします。

 

次に↑間違えてしまったコイン、入金ネットワーク、入金先アドレス、入金額、TxID TxHashを入力します。

 

自分の場合はPolygon(MATIC)を間違えてしまったのでMATICです。入金額は8桁までなので0.1とか0.01とかでもOKです。

 

TxID TxHashコピペ

TxID TxHashはPolygonなら↑Polygonscanの画像赤丸のところに記載されていますのでこれをコピーして貼り付けます。

 

イーサリアムならEtherscanに載っていると思います。

 

あとは申請記録のところから申請詳細を確認することが可能。

 

1週間くらいかかります。自分の場合は混み合っていて30日間以上かかりました…。

混み合っていると1ヶ月以上かかる場合もあるよ!

 

4月22日に申請して6月8日にやっと0.1ETH取り戻しできました!1ヶ月以上かかりましたね(笑)

 

もし間違った情報を提出してしまった場合は↑上の画像のように申請拒否されます。画像赤丸の備考のところに間違った箇所が書かれてくるときもあります。この画像の場合はWETHなのにMATICと書いて送ってしまったので備考の欄にCoin WETHと書かれています。

 

参考になれば幸いです。お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました