ビットコインの買い方 始め方 Coincheck アプリ 初心者

ビットコイン

こんにちは。

 

ビットコインが2020年12月あたりにすごく上がってきたのをきっかけに自分もビットコイン少しだけ保有してみようかな~と思い、Coincheckでビットコインを購入してみました。

その時の失敗したこと、使ってみた感想、体験談を記載していきます。

 

Coincheckとは?

今回私がビットコインを購入したサービスに選んだのがCoincheckというアプリサービスです。

コインチェック

このコインチェックはPCでもタブレットでもスマホのアプリからでも使うことができるサービスです。

 

このCoincheckというのが自分のような初めてビットコインや暗号通貨(仮想通貨)を購入する初心者でもわかりやすく見やすいサービスで、シンプルにビットコインの購入、売却ができます。

 

流れとしては長期保有でも、短期保有でも購入したときより価格が高いときに売って、安いときに買う。非常に単純ですよね。

 

 

それでは、私が実際にCoincheckを1ヶ月使ってみて、感じたこと、感想などをお伝えしていきます。

 

Coincheckで失敗したこと

まずはCoincheckで失敗したことからお伝えしますと、

画像左側の赤丸の販売所から買うと、取引所の現物購入から購入するよりレートが高くなるので購入した瞬間損をしてしまう。

 

なので購入するときは取引所の現物購入から購入しよう。私も最初買うとき知らずに販売所から購入していきなり損をしてしまいました…

 

販売所は500円から購入できるようなので、少しの金額だけ購入したい人は販売所で購入でOKです。(取引所の現物購入は0.005BTC以上じゃないと取引できない。)

↑また、現物取引はBTC ETC FCT MONAのみできるようだ。それ以外を購入したい時は販売所で購入すれば良いようだ。

現物取引やり方

取引所の現物購入というのは

↑画像左側のホーム、画像赤丸の現物取引のところです。ここにレートと、購入したい金額、

Coincheck 現物取引 やり方 買い方 購入方法
こんにちは。Coincheckの現物取引のやり方、現物取引の方法を記載。CoincheckまずはCoincheckにログイン。スマホでもCoincheckログインできますが、パソコンのサイトから見たほうが見やすいです。スマホのアプリから現物

こちらの記事に現物取引のやり方を記載しています。

 

Coincheckを始めるときに大変だったこと

Coincheckを始めるときに大変だったことは、最初の口座開設です。私は口座開設の自撮り写真で審査に4回落ちてしまいました。

 

この口座開設は

1.メールアドレスとパスワードでアカウント登録

2.SMS認証

3.本人確認

4.二段階認証の設定

の段階で進めていくのですが、私が一番苦労したのは3番の本人確認です。

 

この本人確認はWEBとアプリで方法が異なり、私はアプリで本人確認をしたのですが、スマホで自分の写真を本人確認書類と一緒に、自撮りで撮る必要があって、自分で自撮りするのがメッチャ大変でした(笑)

 

 

本人確認できる物、運転免許証やパスポートや個人番号カードを手で持ちながら、その手で持った書類がブレないようにスマホで撮影しないといけません。手がプルプルしてスマホを持っている手が震えてブレてしまい、カメラがボヤケて大変でした。

写真を送信した後に、Coincheckの本人確認書類の厳密なチェックがあります。

 

また、書類を斜め45℃くらいに傾けて、書類の厚みも動画で自撮りしなければいけません。この厚みを撮るのがスマホの自撮りだとなかなか難しく4回も審査に落ちてしまいました…

 

書類がぼやけないように、それでいて厚みがわかるように斜めに傾けないといけません。しかし、あきらめずに何回もチャレンジしてたら5回目に審査受かりました。

口座開設だけで2週間くらいかかりました(笑)

 

その次の二段階認証の設定はGoogle Playストアから「Google 認証システム」アプリをインストールしてやりました。

Google 認証システム - Google Play のアプリ
2 段階認証を有効にしてアカウントを不正使用から保護できます。

Google 認証システム

こちらはスマホにインストールしてすぐ使えたので簡単だった。

Help Center

↑Coincheckのお問い合わせはこちら。

 

暗号通貨(仮想通貨)のリスク、無くなっても困らない金額で運用するのが鉄則

暗号通貨(仮想通貨)のリスクは、ないとは思いますが、万が一のことですが価値が0になったら0になるということです。

なので無くなっても困らない金額で購入するのが鉄則。

 

また、注意点としては、現物取引のみ行う(レバレッジ取引はしない)ということです。

レバレッジ取引とは仮想通貨を売買したと仮定し、決済時の差額が利益となることで借金やマイナスになってしまうこともある。もちろん知識があってレバレッジ取引したい人、レバレッジ取引で利益を得たい人は別ですが。

 

・レバレッジ取引だと、借金になってしまう場合があります。

・現物取引だと、無くなっても良い金額だけで運用していれば、借金することはないです。

 

現物取引では価格が下がっても借金することはありません。

ギャンブルが好きな人は要注意。必ず無くなっても困らない金額で取引。

 

ビットコイン保有のコツ.1

ビットコインの保有でコツ、損をしない方法は

 

購入した金額より高いときに売れば絶対に損はしません。

それが1週間後でも、1ヶ月後でも、1年後でも、10年後でも買った価格より、高い価格で売れば良いわけです。

 

もちろん価格が下がることもあります。まぁビットコインは年々上がっていますが、未来のことなので上がるか下がるかは誰にもわからないのですが。

 

価格が上がっても下がっても無心で一喜一憂せず、購入した金額より高いときに売れば理論上は絶対に損はしないわけです。1円でもチャートをみて購入した価格より高いときに売れば利益になるわけです。

まぁ、価値が0になったらなくなるわけですが…まぁないとは思いますが万が一のことで0になる可能性も無きにしもあらずと頭の中に入れておいて、無くなっても良い金額で運用しています。

 

人間の心理としては、上がったときに購入したくなり、下がったときに売りたくなりますが、上がったときに売って、下がったときに購入を徹底していれば徐々に利益は出てきます。

 

ビットコイン保有のコツ.2

暗号通貨(仮想通貨)のコツ2つめは待つことです。

Coincheckでビットコインを購入して長期保有と、短期保有で分かれるのですが、オススメは長期保有です。

短期保有だと、上がったり下がったりで一喜一憂してしまい、仕事をしていると、そのことを考えてしまい仕事の集中力が下がってしまうリスクもあります。また、下がってきたら購入した金額よりも、低い金額で心配になって売ってしまったりということもあります。

 

ビットコインはチャートを見るとわかりますが、寝て起きたら1日で暴落してたり、急上昇していたりということが日常茶飯事です。

 

1ヶ月後でも1年後でも購入した価格より高いときに売ればいいわけです。

なので購入した金額より高い金額になるまで待つということが大事だと思います。

 

ビットコイン保有のコツ.3

コツの3つめは、レートがその価格になるまで予約注文のようにして自動的にその価格になったら取引できる。

↑この画像だと価格のところのレートになったら自動的に買ってくれるということで、自分が購入したい価格、売りたい価格を予約注文しておけばその価格になったら取引できる。

この予約注文は現物取引のやり方と同じです。レートが低すぎるか、高すぎると誰も買わないので、その価格になったときに自動で取引されるという仕組みです。

 

この機能を使えば、忙しくて一日一回くらいしかチャートを見れなくても、自分で価格予想して好きな価格で予約のようにして、取引することができます。

 

CoincheckはスマホでもタブレットでもPCでもできる

Coincheckはスマホからでも口座開設して、アプリで管理できます。(ブラウザーからでも管理できます)また、パソコンからでもブラウザーでログインして管理できます。

 

スマホから現物取引する時は、Cincheckのアプリからではなく、スマホのブラウザーからログインして現物取引できる。

 

コインチェック

Coincheckはシンプルで見やすく、最初ビットコインを保有するにはオススメです。口座開設もアプリインストールも全部無料でできお金がかからない。

コインチェック

現物取引なら借金にならないし、少ない金額からでも取引できる。

 

日本円の出金方法

もちろん口座開設してインストールしたからといって、仮想通貨購入しなくても、不安を感じたら入金してからやっぱり出金してお金を出すこともできます。

出金手数料は407円で、自分の場合は2日~3日くらいで振り込まれました。

 

日本円の入金方法

入金方法は↑画像赤丸の日本円の入金のところで銀行振込なら記載されている銀行のところに入金します。コンビニ入金や、クイック入金もできますが、少し手数料が高くなるので、銀行振込で入金したほうが良いと思います。

 

まとめ

暗号通貨(仮想通貨)Coincheckのサービスのポイントをまとめると以下のようになります。

・販売所ではなく、取引所の現物取引から取引する

・口座開設の自撮りの審査チェックが少し大変

・無くなっても困らない金額で購入するのが鉄則

・現物取引のみ行う(レバレッジ取引はしない。もちろん知識があってレバレッジ取引したい人、レバレッジ取引で利益を得たい人は別ですが。)

・現物取引では価格が下がっても借金することはない

・購入した金額より高いときに売る

・待つことが大事

・予約注文できる

・Coincheckはシンプルで見やすい

 

暗号通貨(仮想通貨)は基本を徹底しておけば、少しづつですが資産が増えていきます。

 

リスクもあるので、無くなっても困らない金額で運用するのが前提ですが、長期保有だと未来がどうなるかは誰もわかりませんが未来に積み立てたいという方は、是非お試しください。

 

Coincheckは少金額からでも始められるので、現物購入なら価格が下がっても借金になることもないし、まずは少金額から初めてみるのも良いと思いますよ。

 

コインチェック

Coincheck

コメント

タイトルとURLをコピーしました