酔っ払いが大嫌いという話し

しくじった話し

こんにちは。酔っ払いが大嫌いという話しをしていきたいと思います。

なぜ自分がこんなにも酔っ払いが嫌いになったのかというと、それは父親が深く関係しています。

アルコール依存症の父の暴力、暴言、奇声

自分の父親は自分が子供の頃から毎日毎日仕事から帰ってきては酒を飲んでギャーギャーワーワー奇声を発していました。

奇声は動くときに「よっこおらしょおおー」とか、クシャミをするときに「はっくしょおぉぉぉぉ--いいい」とかとにかくうるさいうるさい。

くしゃみはなぜか酒を飲んでいる時には20回くらい連発でしていたのですが、このクシャミがうるさくて隣の家の人からも苦情が来てしまいました。

またドメスティックバイオレンス(DV)も母親にしていました。

そして酒を飲むと人の悪口ばかり言うようになり、喋り方もグチグチウジウジ言うようになります。

自分の父親は爺ちゃん(私の祖父)と仲が悪く自分が子供の頃は、酒を飲むと暴言、虐待をしていた。

祖父は若い頃は旧日本軍の憲兵(軍隊の警察)だったらしく父も厳しく育てられたそうです。

また、酒を飲んだせいで母親とも仲が悪く、いつも父親と母親のケンカをしていたのを子供心に覚えています。とにかく仲良く一緒にご飯食べたり、遊んだ記憶は子供の頃からありませんでした。

母親へのDV(ドメスティックバイオレンス)

母親へは毎日暴力や暴言の嵐で、母親が些細な事を言うと「テメーこの野郎うるせぇ」といって怒り出し、母親の体にはよくアザができていました。

アルコール依存症で事業倒産

そのせいで父親と母親は自営業をしていたのですが、その自営業も売り上げが徐々に落ち込んできて、ついには倒産してしまいました。自分ら子供3人が借金を肩代わりすることになってしまいました。

この自営業も父親のお酒のせいでした。お酒を飲むと冷静な判断、計算ができなくなり、業務で計算違いの事や、母親とのすれ違いで徐々に業務上の歯車がズレていった。

アルコールを摂取しすぎると脳が麻痺、委縮する

アルコールを摂取し過ぎると、脳が麻痺して委縮するそうです。それは子供の自分からでもわかりました。とにかくお酒を飲むとバカとしか思えない行動をとっていました。例えば道路で寝たり奇声や暴言や暴力などです。

自分の父親はお酒を飲んで気が大きくなり、親戚の人とも取っ組み合いのケンカをしたりしていた。

保健管理センター
保健管理センター

そのせいで、自営業の仕事が失敗して倒産した後も誰も金銭的に助けてくれず、自分ら子供3人が借金を肩代わりすることになってしまいました。父親と母親は一緒に住んでいるのですがわざと時間をずらし家では一言も話していない状況だった。

父は酔っぱらって階段から落ちて骨折した。自業自得だと思った。

子供の頃自分を含め兄弟3人 問題行動を起こした

 

そんな家庭だったので、まずは兄がグレて中学、高校と家には戻ってこない状況でした、その次に自分がグレて、やはり小学校、中学高校と問題行動ばかり起こしてしまいました。(自分は朝学校へ行くフリをして海や公園に行きサボりまくっていました。中学生の時は海に飛び込んで死のうかと思ったこともありました)

その次に妹がグレた。自分は子供の頃はどこの家庭でも父親は酒を飲んで暴れるのが普通なんだと思い込んでいた。

社会人になってからのお酒の席で子供の頃のトラウマが蘇り

社会人になって飲み会に出席にすることになったのですが、そこで同僚がお酒を飲んで態度が豹変してしまいました。

そこで私は父親の事でトラウマ気味になっていたので、その同僚に暴力をふるってしまった(私は飲んでいませんが、その同僚は飲み屋で酔っぱらって机の上に転んだりして机の上の料理とか全部台無しにしてしまいました。また関係ない他のお客さんにも絡んで迷惑をかけていた。しかも酒を飲んでいるのに運転して帰ろうとしていた。)

その同僚はその時は泣いていた。しかしその後に寝てしまって、無理やり起こして帰ったのですが、楽しい飲み会が丸つぶれになってしまいました。

等など、とにかく酔っ払いは面倒です。グチグチ語ってしまいましたが、酔っぱらうと脳がマヒして委縮するので酔っ払いは相手にしないほうが良いよとの話しでした。

酔っぱらって人に迷惑かけたら逮捕する法律とか作ってほしいと思った。アルコール依存症の父親を持ったので反面教師で自分に子供ができたらこんなことは起こさせないと思いました。

お酒は飲んで楽しくなれる程度なら良いですけど、飲んでも飲まれるなですよね。

お読みいただきありがとうございました。

アルコール依存症の症状 | アルコール依存症治療ナビ
アルコール依存症の症状について紹介します(アルコール依存症治療ナビ 日本新薬株式会社)





しくじった話し
dorudoruをフォローする



dorublog

コメント

タイトルとURLをコピーしました