地図のシューティングゲーム Generation Streets ジェネレーションストリート steam PC Review レビュー

Generation Streetsレビューです。開発元:Roman Shuvalovパブリッシャー:Roman Shuvalov記事内の画像は製品より引用しています。

Generation Streets 開発元:Roman Shuvalovパブリッシャー:Roman Shuvalovより引用

ゲームのおもしろさ 4

音楽 6

アイディア 9 (点数は10点満点中です。点数は個人的な主観です。2020年2月19日現在のレビューです。)

このゲームは世界地図から好きな場所を選んで初めるシューティングゲームです。PCのsteamから無料でダウンロードしてプレイできます。(2020年2月18日現在)まだアーリーアクセス版のようです。

ゲームを起動するとタイトル画面になり、NEW GAMEを押すとゲームが始められます。SETTINGでコントローラー、キーボードの操作方法マウス感度、コントローラーのスティック感度等変更できます。(マウス感度やスティック感度は変更しても変えられませんでした。)またグラフィックや音量なども変更できます。MAP EDITORで自分でマップ上に好きな建物を作ったりできます。STATSで自分のゲーム内の実績などを見れます。

NEW GAMEで世界地図の好きな場所を選んでプレイします。モードはEASYモード、HARDモード、フリーフライトモード、マップエディターから選べます。EASYかHARDを選ぶと普通にプレイできます。フリーフライトモードを選ぶと、世界地図を色々見学できます。マップエディターはマップの建物とか色々変更したりできます。

操作方法はコントローラーでスイスイ操作出来て(自分はMicrosoft XBOX360のコントローラーです。)

左スティックで移動。右スティックで視点操作、R2ボタンで射撃、L2ボタンでボムみたいな物を発射、R1ボタンで上昇、L1ボタンで下降、Bボタンでメニュー画面、Xボタンでストリートの名前を表示します。

ゲーム内容としてはシューティングゲームで、マップのいたるところに白と青色の止まっている物体があるので、それを射撃して壊していくと、青いスコアみたいなのが出現するので、それを獲得していきます。一定数スコアを獲得すると、ベースを守れみたいな表示が出るので、Yボタンを長押しすると、ベース防衛が始まります。自分はこのベース防衛が最初プレイした時操作方法が分からなくて、しかもコントローラー感度が初期設定で感度ありすぎて、違う場所に行ってしまいました。ぜひアップデートで改善していってもらいたいです。ゲーム内容としては、このスコアを取って、ベース防衛しての繰り返しだけのゲームでした(笑)。

アフリカでもUSでもヨーロッパでもアジアでもどこで始めても同じような風景、建物でした(笑)

都会の建物がいっぱいある場所を選ぶと若干ロード時間長いと感じました。

しかし、この世界地図を使ったゲームというのは全く新しい、斬新なアイディアなゲームだと思いました。アップデートでいろいろ追加、改善していけば面白くなりそうだと思いました。ご購読ありがとうございました。

現実世界の地図から3Dステージを生成するシューティング『Generation Streets』正式リリース(Game*Spark) - グノシー
現実世界の地図から3Dステージを生成するシューティング『Generation Streets』正式リリースもっと画像を見るRoman Shuvalovは、シューティング『Generation Streets』をPC(Linuxを含む)向けに正式リリースしました。本作は現実世界の地図をベースにしたステージ上で展開するシュ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました